ブラックパンサーの名言・名セリフから英語で勉強できる動画、英単語リスト

映画Black Panther(ブラックパンサー)の名言・名セリフから英語が勉強できる動画、英単語リストページのイメージ画像 SF映画

映画「Black Panther – ブラックパンサー」は、2018年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の18作品目の作品です。この映画は、ブラックパンサーとして知られるマーベル・コミックスのキャラクター、ティ・チャラ(T’Challa)の物語を中心に展開されています。
「ブラックパンサー」は、アフリカの架空の国ワカンダ(Wakanda)を舞台に、ティ・チャラが父王の跡を継いで新たな国王となり、同時にブラックパンサーとしての使命を担う物語です。ワカンダは外部から隠れ、超強力なヴィブラニウム(Vibranium)を持つ国であり、その存在を秘密に守り続けています。しかし、外部の脅威が迫る中、ティ・チャラは国と自身のアイデンティティに向き合い、ブラックパンサーとしての役割を果たすことになります。物語は彼の試練と成長、そしてワカンダの秘密が明るみに出ることで直面する問題について描かれています。

映画の主な撮影場所として、多くの屋外シーンと一部の屋内シーンはアトランタで撮影されたとのこと。アトランタのスタジオ設備も映画制作に利用されたと言われています。また、一部のアクションシーンが韓国の釜山で撮影されたとのこと。特にカーアクションの迫力あるシーンが記憶に残りますね。また、映画の冒頭シーンやブラックパンサーの試練の場面など、アフリカの自然環境を思わせる場面は実際にアフリカの国で撮影されたか、アフリカの風景を模倣するスタジオセットで撮影されたと言われています。

あらすじや主演キャストなどは他のサイトでも確認出来るので、このコンテンツでは映画「Black Panther – ブラックパンサー」を英語で見るための英単語リストもまとめてありますので、ぜひご利用ください!

こんな人にオススメの映画!!
  • マーベル・コミックスのファン
  • アフリカ文化と音楽に興味を持つ人
  • 多様性と文化に関心を持つ人

ブラックパンサーの動画、名言

For Wakanda? Without Question.

– ワカンダのためなら、ためらうことはない –

ブラックパンサーの名言・名セリフと日本語訳

映画「ブラックパンサー」を見て、心に残るシーン・セリフは人それぞれあると思いますが、ここでは名言・名セリフと言われる言葉とその日本語訳を紹介します。

ティ・チャカ 0:32:00

”A man who has not prepared his children for his own death… has failed as a father. Have I ever failed you?”
「死ぬ時に自分の子どもがまだ準備できていなかったとしたら… その男は父親失格だ。私は失格かね?」

国王であった父ティ・チャカがなくなり、王位を継ぐこととなったティ・チャラ。ブラックパンサーの力を得るために、ハート型のハーブを摂取し、砂に埋められた彼。そこで父の夢を見て、不安を打ち明けた彼に父が言った名言がこちら。

しっかりしなさい!と叱咤激励されるよりも、家族にそんな風に感じさせてしまうほうが、何倍も責任を感じることでしょうね。考えさせられる素晴らしいセリフですね。

ナキア 1:12:19

”You can’t let your father’s mistakes define who you are. You get to decide what kind of king you are going to be.”
「父親の失敗が、あなたが何者かを決めるものじゃないわ。どんな王になりたいかは、あなたが決めていくのよ。」

ワガンダは世界から隔離されたことで、高度な科学技術を持つ文明でありならが、その存在を秘密にしてきた。だが父ティ・チャカの弟ウンジョブが、その技術で作られた武器を商人に渡していたことを知り、弟を殺害した。それを間違っていたことと悩むティ・チャラ。その時に恋人のナキアが言った名言がこちら。

王になったことで亡き父の意思を継いでいこうとも考え、悩むだろうが、自分の意思とはそぐわないこともあるだろう。そんな時に、こんな風に背中を押してくれる仲間や恋人がいてくれたらどんなに心強いだろうか。

ティ・チャラ 2:05:59

”But in times of crisis… the wise build bridges… while the foolish build barriers.”
「しかし危機に瀕した時… 賢者は橋をかけ、愚者は壁を作る

エリック・“キルモンガー”・スティーヴンスを倒し、再びワガンダの王座についたティ・チャラ。これまでの騒動や恋人のナキアの思いもあり、世界に対し、自国の存在やヴィブラニウムの存在を公表し、互いに手を取り合うことを決めた。その思いを演説で話すシーン、一部の名言がこちら。

格言とも言えるべき、的を得た名言でもあり、かつ、これまで自分たちは愚か者だったと、高い技術を持ちながらも脅威ではなく、他国と手を取り合う姿勢が込められた素晴らしいセリフだ。

ブラックパンサーに出てくる英単語

ワカンダは架空のアフリカの国であるため、多くのキャラクターがアフリカン・アクセントで英語を話すことが特徴です。また、映画ではアフリカの言語や方言も使われており、分かりにくい部分もあるかもしれませんが、一般的な会話も当然多いため、映画が気に行った方はぜひ英単語リストに目を通して、英語字幕、字幕なしでの鑑賞にもチャレンジしてみてください!


全ての英単語数:約7,900個
英単語の種類:約1,506種類
チェックしておく英単語リスト135個

この単語リストを先にチェックしておけば、映画「ブラックパンサーに出てくる英単語」の英語も自然に聴こえてきますよ!

absorbent[əbsɔ́rbənt] : 吸収性の(ある)
activated
[ˈæktɪˌvetɪd] : activateの過去形、または過去分詞。(…を)活動的にする、 作動させる
advancements
[ʌˈdvænsmʌnts] : 前進、進歩、前進術
ancestral
[ænséstrəl] : 先祖(代々)の
antelope
[ˈænṭəlòʊp] : レイヨウ(羚羊)、アンテロープ、レイヨウの皮
apprehended
[ˌæprɪˈhɛndɪd] : apprehendの過去形、または過去分詞。捕らえる、 逮捕する
armor
[άɚmɚ] : よろいかぶと、甲冑(かつちゆう)、(軍艦などの)装甲(鋼板)、防護具、防護服、潜水服、機甲部隊、防護器官
artifact
[άɚṭɪf`ækt] : (天然物に対して)人工物、工芸品、芸術品、(自然の遺物に対して)人工遺物、文化遺物
artifacts
[ˈɑrtʌˌfækts] : artifactの複数形。(天然物に対して)人工物、 工芸品、 芸術品
assassinated
[ʌˈsæsʌˌnetɪd] : assassinateの過去形、または過去分詞。暗殺する
assassinations
[ʌˌsæsʌˈneʃʌnz] : assassinationの複数形。暗殺
auntie
[ˈænṭi] : おばちゃん
beads
[bidz] : beadの三人称単数現在。beadの複数形。(糸などに通したガラス・石・貝などの)ビーズ、 ガラス玉、 なんきん玉、 数珠(じゆず)玉
bidder
[ˈbɪdɝ] : せり手、入札者、命令者
blower
[ˈbloɝ] : 吹く人、ガラス吹き工、ほら吹き、自慢屋、送風機、電話
bondage
[bάndɪdʒ] : (行動の自由の)束縛、屈従、とらわれの身、奴隷の身分、奴隷であること、とりこの状態、農奴の境遇、賤役(せんえき)
bulletproof
[ˈbʊlʌˌtpruf] : 防弾の、批判の心配のない
burial
[bériəl] : 埋葬、埋葬式
cargo
[kάɚgoʊ] : (船・飛行機で運ぶ)貨物、船荷、積み荷
charlatan
[ʃάɚlətn] : (専門知識をもっているように見せかける)山師、(特に)偽医者
chicks
[tʃɪks] : chickの複数形。ひよこ
claws
[klɔːz] : clawの三人称単数現在。clawの複数形。(猫・タカなどの鋭く曲がった)かぎつめ
clown
[klάʊn] : (劇・サーカスなどの)道化役者、道化師、おどけ者、悪ふざけをする人、いなか者、無骨者、ばか
colonizer
[ˈkɑlʌˌnaɪzɝ] : 植民地を開拓する国、植民地開拓者、入植者
coma
[kóʊmə] : コマ、髪、種髪 (しゆはつ)、昏睡(こんすい)(状 態)
conquer
[kάŋkɚ] : (武力で)征服する、武力で奪う、攻略する、(精神力で)抑える、打破する、克服する、(困難を乗り越えて)登り切る、(努力して)獲得する、くどき落とす
conquered
[ˈkɑŋkɝd] : conquerの過去形、または過去分詞。(武力で)征服する、 武力で奪う
conquerors
[ˈkɑŋkɝɝz] : conquerorの複数形。征服者、 戦勝者
corset
[kˈɔɚsɪt] : コルセット
custody
[kˈʌstədi] : 保護、管理、(後見人としての)保護(の義務、権利)、拘留(こうりゆう)、拘置、強制収容、監禁
deactivate
[ˌdiˈæktɪˌvet] : 非活性化する、不活性化する
descended
[dɪˈsɛndʌd] : (子孫として)(…の)出で、(…の)系統を引いて
descendent
[dɪséndənt] : 下行性の、降下する、伝来の、世襲の
destabilize
[dìːstéɪbəlὰɪz] : (…を)不安定にする、動揺させる
detectors
[dɪˈtɛktɝz] : detectorの複数形。看破者、 発見者
diplomacy
[dɪplóʊməsi] : 外交、外交的手腕、(交渉上の)駆け引き
disagreement
[‐mənt] : (…と)不一致、意見の相違、(食物などが体質に)合わないこと、不適合
disgrace
[dɪsgréɪs] : 不名誉、不面目、恥辱、恥辱となるもの
disgust
[dɪsgˈʌst] : (むかむかするほどの)いや気、いとわしさ
embedded
[ɛˈmbɛdɪd] : embedの過去形、または過去分詞。はめ込む、 埋める
entourage
[ɑ̀nturɑ́ʒ] : 側近、随員たち
executioner
[‐ʃ(ə)nɚ] : 死刑執行人
feds
[fɛdz] : fed(連邦政府の役員;(特に)連邦捜査官)の複数形
firepower
[ˈfaɪˌrpaʊɝ] : 火力、射撃能力
firsthand
[fɝˈsthænd] : 直接の
footage
[fˈʊṭɪdʒ] : フィート単位の尺度、(映画フィルム・材木などの)フィート数、長さ
fortified
[ˈfɔrtʌˌfaɪd] : fortifyの過去形、または過去分詞。(…に)防御工事を施す、 (…を)要塞(ようさい)化する、 (…の)防備を固める
functional
[‐ʃ(ə)nəl] : 機能の、職務上の、機能本位の、実用本位の、便利な、関数の
gents
[dʒénts] : 男子用(公衆)トイレ
goddess
[gάdəs] : (神話などの)女神、崇拝の的となる婦人
grad
[grˈæd] : (大学の)卒業生(の)
grenade
[grɪnéɪd] : 手りゅう弾、手投げ弾、手投げ消火弾、手投げ催涙弾
grid
[gríd] : (鉄)格子、(肉・魚を焼く)焼き網、(自動車の屋根の)格子状荷台、(電線・水道・ガスなどの)敷設網、送電網、(街路の)碁盤目、(地図の上に引かれた検索用の)碁盤目、グリッド
handheld
[ˈhæˌndhɛld] : ハンドヘルド、ハンドヘルドとは、「片手で持てる」という意味の英語であるが、IT用語としては持ち運びしやすい小型の端末について用いられる呼称である。、手持ち、手持、ハンドヘルド
hardships
[ˈhɑrdʃɪps] : hardshipの複数形。難儀、 辛苦、 困苦、 欠乏
heightened
[ˈhaɪtʌnd] : heightenの過去形、または過去分詞。(…を)高くする、 高める、 高尚にする
heiress
[έərəs] : (特に、金持ちの)女子相続人
highness
[ˈhaɪnʌs] : 高いこと、高さ、高位、高度、高率、高価、殿下
hologram
[hóʊləgr`æm] : レーザー写真、ホログラム
hoverbike
[****] : 空飛ぶバイク(英: Hoverbike)は、宙を浮いて移動できるバイクのこと。
i’mma
[aɪmə] : ~する(つもりだ);I’m going to の略
impale
[ɪmpéɪl] : (…を)突き刺す、刺し貫く
impenetrable
[ìmpénətrəbl] : 突き通せない、入り込めない、奥の深い、見通せない、貫けなくて、(…を)通さないで、がんこな、片意地な、受けつけなくて、頑迷(がんめい)で
incarcerated
[ˌɪˈnkɑrsɝˌetɪd] : incarcerateの過去形、または過去分詞。監禁する、 投獄する、 幽閉する
initiated
[ˌɪˈnɪʃiˌetʌd] : initiateの過去形、または過去分詞。(…を)始める、 起こす、 創始する、 (…の)口火を切る7
integrity
[ɪntégrəṭi] : 高潔、誠実、清廉、完全な状態、無傷
interface
[ˈɪntɚˌfeɪs] : (二者間の)境界面、接点、共通の問題、インターフェイス
ivory
[άɪv(ə)ri] : 象牙(ぞうげ)、象牙製のもの、(ピアノの)キー、(玉突きの)玉、さいころ、象牙細工、歯、象牙色
jury
[dʒˈʊ(ə)ri] : 陪審(員団)、(競技・コンテストなどの)審査員会
kinetic
[kɑɪnṭɪk] : 運動(学上)の、活動的な、動的な
levitation
[ˌlɛvɪˈteʃʌn] : 空中浮揚; レビテーション; 浮上; 浮揚; 浮揚ベッド
liberate
[líbərèɪt] : 自由にする、解放する、遊離させる
magically
[‐kəli] : 魔法のように、魅力的に
magnetic
[mægnéṭɪk] : 磁石の、磁気の、魅力のある、人を引きつける
mantle
[mˈænṭl] : (袖なしの)マント、外套(がいとう)、おおい隠すもの、(ガス灯の)マントル、外套(膜)、マントル
medics
[ˈmɛdɪks] : medicの複数形。医者
mercenary
[mˈɚːsənèri] : 金銭ずくの、報酬目当ての
mercy
[mˈɚːsi] : 慈悲、情け、容赦、(不運の中の)幸運(なこと)、恵み、おや、まあ
meteorite
[míːṭiərὰɪt] : 隕(いん)石
misidentified
[mɪsaɪˈdɛntɪˌfaɪd] : 誤認された
mixtape
[****] : ミックステープ(Mix tape)とは主にアメリカ合衆国で生産・発売されるテープ・CDの一種である。
monarch
[mάnɚk] : (世襲的)君主、主権者、帝王
mound
[mάʊnd] : (土砂・石などの)山、土手、堤、(古代の城の廃墟・墓などの)塚、古墳、マウンド、(積み上げた)山
mourning
[ˈmɔːnɪŋ] : (特に死に対する)悲嘆、哀悼、喪、忌中、服喪期間、喪服、喪章
nanites
[****] : naniteの複数形。ナノマシン、ナノロボット
omit
[oʊmít] : (…を)(うっかりあるいは故意に)省く、省略する、抜かす、し落とす、怠る、なおざりにする
onward
[άnwɚd] : 前方への、前進的な、向上する
operative
[ɑ́pərətiv] : 働く、活動する、運転する、効力のある、実施されている、最も重要な、最も適切な、手術の
oppressed
[ʌˈprɛst] : 圧迫された、しいたげられた、(…で)憂うつになって、ふさぎ込んで
oppressors
[ʌˈprɛsɝz] : oppressorの複数形。圧制者、 迫害者
outreach
[ˈaʊˌtritʃ] : (…を)しのぐ、(…に)まさる
overly
[ˈovɝli] : 過度に、非常に、大いに
oversee
[ˈovəɻsi] : 監督する
overthrow
[òʊvɚθróʊ] : 転覆する、廃止する、ひっくり返す、打ち破る、(…を)越えて暴投する
penetrate
[pénətrèɪt] : (…に)突き刺さる、(…を)貫く、突き進む、(…を)通す、通る、(…に)入り込む、(…を)見通す、見抜く、洞察する、理解する
pronouncements
[prʌˈnaʊnsmʌnts] : pronouncementの複数形。宣言、 宣告、 表明、 判決
province
[prάvɪns] : (カナダ・オーストリア・スペインなどの)州、省、地方、いなか、(学問・活動の)範囲、領域、分野、職分、本分、管区
radicalized
[ˈrædɪkʌˌlaɪzd] : radicalize(急進化する)の過去分詞形
rainforest
[ˈraɪˌnfɔrʌst] : 熱帯雨林
rebooted
[****] : rebootの過去形、または過去分詞。リブート
redistribution
[ˌridɪstrʌˈbjuʃʌn] : 再分布
refuge
[réfjuːdʒ] : (危険・災禍からの)避難、逃避、保護、避難所、逃げ場、隠れ家、(街路の)安全地帯、頼みになる人、慰安者、逃げ口上
refugee
[rèfjʊdʒíː] : (国外への)避難者、難民、亡命者、逃亡者
reign
[réɪn] : (君主・帝王などの)君臨、統治、支配、勢力、治世、御代(みよ)
reunited
[ˌriuˈnaɪtɪd] : reuniteの過去形、または過去分詞。(…を)再結合させる、 再会させる
safekeeping
[ˈseˈfkipɪŋ] : 保管、保護
savages
[ˈsævʌdʒʌz] : 『野蛮なやつら/SAVAGES』(やばんなやつら 原題: Savages)は、2012年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。
scoffs
[skɔfs] : scoffの三人称単数現在。scoffの複数形。あざ笑う、 冷やかす
shaman
[ʃάːmən] : シャーマン(教の道士)
shootout
[ˈʃuːtaʊt] : 殺したり脅したりする意図で小火器を撃つことを伴う戦い
sneakers
[ˈsnikɝz] : sneakerの複数形。こそこそする人、 卑劣な人
sonic
[sάnɪk] : 音の、音波の、音速の
sovereign
[sάv(ə)rən] : 主権者、元首、君主、国王、ソブリン
spear
[spíɚ] : 槍(やり)、投げ槍、(魚を突く)やす、(植物の)芽、若枝、若葉、若根
spearhead
[ˈspɪɹ.hɛd] : 槍(やり)の穂先、先鋒(せんぽう)、先頭、一番槍(を務める人)
spears
[spɪrz] : spearの三人称単数現在。spearの複数形。槍(やり)、 投げ槍
spine
[spάɪn] : 脊柱(せきちゆう)、脊椎(せきつい)骨、(書物の)背、とげ、針、とげ状突起、(土地・岩などの)突起、山の背
stabilize
[stéɪbəlὰɪz] : (…を)固定させる、安定させる
strategy
[strˈæṭədʒi] : 戦略、(目的達成のための)計略、策略、計画、方策、方法、手順
stubborn
[stˈʌbɚn] : がんこな、強情な、頑強な、不屈の、扱いにくい、手に負えない、かたい、溶けにくい
succession
[səkséʃən] : 連続(すること)、連続するもの、連続物、継承、相続、継承権、王位継承権、継承順位の人たち、相続人たち
superhuman
[ˌsupɝˈhjumʌn] : 超人的な、人間わざでない、神わざの
surveillance
[sɚvéɪləns] : 監視、見張り、監督9
teasing
[ˈtizɪŋ] : teaseの現在分詞。いじめる、 からかう、 悩ます
temporarily
[tèmpərérəli] : 仮に、一時、間に合わせに
tempting
[ˈtɛmptɪŋ] : うっとりさせる、心をそそる
textiles
[ˈtɛˌkstaɪlz] : textileの複数形。織物の
thrived
[θraɪvd] : thriveの過去形、または過去分詞。栄える、 繁栄する、 盛んになる、 成功する
throne
[θróʊn] : 王座、玉座、王位、帝権、便座、便所、座天使
transitions
[træˈnzɪʃʌnz] : transitionの複数形。移り変わり、 移行、 変遷、 変化
unbeknownst
[`ʌnbɪnóʊnst] : 人に知られずに
untraceable
[ʌˈntresʌbʌl] : 追跡できない
vibranium
[****] : ヴィブラニウム(英: Vibranium)とは、マーベル・コミック及びその映画化作品シリーズであるマーベル・シネマティック・ユニバースに登場する架空の金属である。
vowed
[vaʊd] : vowの過去形、または過去分詞。誓い、 誓約、 誓願
wassup
[****] : 《俗語》=What’s up?(ちどうしたの?)

ブラックパンサーの登場人物、キャスト、監督、脚本等

映画はもちろん監督や脚本も重要ですが、なんといっても誰がどの役を演じるのか、それが作品の良し悪しを大きく左右すると言っても過言ではないですよね。映画「ブラックパンサー」では、登場人物に以下のような俳優が配役され、出演しています。

ティ・チャラ / ブラックパンサー役チャドウィック・ボーズマン / アシュトン・タイラー
エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス / ウンジャダカ役マイケル・B・ジョーダン
ナキア役ルピタ・ニョンゴ
オコエ役ダナイ・グリラ
エヴェレット・K・ロス役マーティン・フリーマン
ウカビ役ダニエル・カルーヤ
シュリ役レティーシャ・ライト
エムバク役ウィンストン・デューク
ユリシーズ・クロウ役アンディ・サーキス
ラモンダ役アンジェラ・バセット
ズリ役フォレスト・ウィテカー/デンゼル・ウィテカー
ウンジョブ役スターリング・K・ブラウン
アヨ役フローレンス・カサンバ
ティ・チャカ役ジョン・カニ/アタンドワ・カニ
コリスワ役サイデル・ノエル
リムバニ役デヴィッド・S・リー
リンダ役ナビャー・ビー
ギャンブラー役スタン・リー
トーマス役フランシスカ・ファリダニー
ソフィア役アレクシス・リー
グリオ役トレバー・ノア
ラモンダ役アンジェラ・バセット
ズリ役フォレスト・ウィテカー
ユリシーズ・クロウ役アンディ・サーキス

監督、脚本等その他の情報は以下の通りです。

監督ライアン・クーグラー
脚本ライアン・クーグラー
ジョー・ロバート・コール
原作スタン・リー
ジャック・カービー 『ブラックパンサー』
製作ケヴィン・ファイギ
音楽ルドウィグ・ゴランソン
撮影レイチェル・モリソン
編集クラウディア・カスティージョ
マイケル・P・シャウバー
製作会社マーベル・スタジオ
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開2018年2月16日(日本:2018年3月1日)
上映時間134分
製作国アメリカ合衆国
製作費$200,000,000
興行収入$1,346,913,161(日本:15.6億円)
前作MCU
マイティ・ソー バトルロイヤル
次作MCU
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
ブラックパンサー
ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー
Wikipedia出典

ブラックパンサーの見どころ

ワカンダの美しい設定:ワカンダは架空の国ですが、その美しい自然環境や先進的なテクノロジーによる都市景観は映画の見どころの1つです。ワカンダのヴィブラニウム鉱山や都市の設定は視覚的に魅力的で、ユニークな世界観が見られます。

ブラックパンサーのアクション:ブラックパンサーとしての主人公ティ・チャラのアクションシーンは見どころの1つです。彼の超人的な能力や戦闘技術は、派手でスリリングなアクション場面を生み出していますね!

キャラクターとアイデンティティ:映画はアフリカ系のキャラクターとそのアイデンティティに焦点を当てており、多様性、文化、歴史について深い考えが見てとれます。キャラクターたちの個性と関係性が感情的な深さを持って描かれているのも魅力の1つです。

ヴィランの複雑性:エリック・“キルモンガー”・スティーヴンスというヴィランも注目すべき魅力の1つです。彼は従来のマーベル映画の悪役とは異なり、複雑な背景と動機を持つキャラクターとして描かれていますね。

社会的テーマ:映画は多くの社会的テーマに触れており、人種差別、アイデンティティ、責任、リーダーシップについての深い考えが描かれています。これにより、議論を呼び起こす映画となっていますね。

アフリカ文化とテクノロジーの融合:映画はアフリカの文化要素と最新のテクノロジーを巧みに組み合わせており、独自の世界観を作り出しています。アフリカの音楽、ファッション、言語が映画に組み込まれ、ワカンダの独自の文化は見どころの1つですね。

これらの要素が、この作品をスーパーヒーロー映画としてだけでなく、文化的な重要性を持つ作品として際立たせているように感じます。アクションと社会的なメッセージを組み合わせることで、見ている人に興奮と考えさせられるテーマを提示しているように感じました。

ブラックパンサーの主題歌、挿入歌等

曲名:All The Stars(オール・ザ・スターズ)
アーティスト名:Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)&SZA(シーザー)

彼らがが歌う「All the Stars」は、映画の主題歌として使用され、非常に人気が高ましたね!この曲は映画のテーマとキャラクターに対する賛辞として、音楽と歌詞の両面で深い意味を持っています。
この映画のサウンドトラックは、映画のテーマとキャラクターに深くリンクし、アフリカの音楽や文化要素を取り入れた素晴らしい音楽の体験をさせてくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました